更新・修正不可日のお知らせ

御社の休日情報やイベント情報など、上記のようなカレンダーをホームページ上に表示することができます。 Googleカレンダーを使用します。

 

カレンダー導入にあたり注意点

お客様がGoogleカレンダーに加筆修正することで、リアルタイムにホームページにも反映される仕組みです。

当社で内容を更新する(さわる)わけではありませんのでご注意ください。カレンダー内容の修正加筆はあくまでお客様に行っていただくこととなります。

 

Googleカレンダーの難点としまして、意味がわかると簡単なのですが、始めて利用するとなりますと、かなりとっつきにくい仕様です。

ぜひ使いたいという方はチャレンジしてみてください。

使い方につきまして最低限のアドバイスは可能ですが、ネット上に山ほど使い方の説明がでていますので、お手数ですがそちら参照していただければ幸いです。

 

たとえば
御社の定休日が土日だとしますと「繰り返す」というチェックを入れると、未来の土日の予定すべてに休日マークを入れたりすることもできます。一つの便利な使い方として参考ください。

 

まずgoogleアカウントを持っていることが前提となります。ない場合、まずgoogleアカウントを作成し、「googleカレンダー」と検索して、Googleカレンダーにアクセスしてください

 

 

<グーグルカレンダーにログイン後の使い方>

始めてだと少しわかりにくのですが
googleカレンダーは「休日」「イベント」などカテゴリー(御社の予定)ごとに一つづつカレンダーを作成することになります。

休日は赤、イベントは青という感じで「一つの予定ごとに1色」を設定します。最後に合体させるので、別々に複数のカレンダーを作るということだけ理解ください。

※カレンダーに「休日」だけ表示出来ればいい場合は、1つのカレンダーを作るだけでOKです。





複数の行事(予定)をカレンダーに表示したい場合

休日、イベント、講座などなど、それぞれの行事ごとに複数のカレンダーを作ることになります。

↑表示したい内容により、みなさんバラバラですが必要個数までこの作業の繰り返しです。(後で合体させます)

もちろん「休日」しか必要ないのであれば、その1つでOKです。

 

作り終わりましたら、ホームページ表示するためのコードを教えてください。下記の箇所に書いてありますが、Googleカレンダー側の仕様で表示位置がコロコロ変わります。

下記の通りではコードが表示されない場合、お手数ですがネット検索で「Googleカレンダー ホームページ埋め込みコード」などと検索してみてください。




googleカレンダー1

 

 

最後に

そのコードをメールで教えてください。

頂いたHTMLコードは、すべてのブラウザで表示できるように当社で改変しますが、googleカレンダーはiPhoneとの相性があまりよくありません。

アップルとGoogleは完全にライバル会社のため、いろいろな面で痒いところに手が届かないです。

見えない!使えない!というレベルではないのですが。

あまり細かいことを気にしないのであれば、という大前提でホームページに設置できることだけご理解ください。グーグル側の仕様なのでご了承ください。

また、サイドバーなどに設置も可能ですが、小さすぎてユーザビリティが悪いです。できれば本文中に表示されることをお勧めします。

 

 

 

 

 

小規模な会社の想いをくみ取れるトップに戻る

「小規模な会社様」に支持される6つの理由