大阪のホームページ制作格安ホームページの制作

大阪のホームページ制作。
小規模な店舗様に「即戦力」のホームページを。

大阪近郊で小規模なご商売をされている、
または始めたい方に最適なwebサイト作りを目指しているホームページ制作会社NOPです。

初期費用を抑えたホームページ制作

に力を入れています。

キャンペーン中なら21,600円(税込)15ページまで作成可能です。大阪を中心に阪神間のSEO対策に力を入れているので小規模なご商売にぴったりのホームページをご用意できます。

ホームページに関する知識がない方でもまったく問題ございません。ご相談いただければ最適な方法をアドバイスさせていただきます。

ホームページを作ろうと考えている場合、何のためにホームページが必要なのかを「明確」にする必要があります。

★こんな時代だからホームページぐらいは... ←これはこれでOKです。明確です。

★立地条件が悪い店舗だからホームページからの集客が生命線となりそうだ ←OKです。明確です。

★最低限の信用のために必要だが、できれば売り上げにもつながりたい ←これはもう少し考える必要があります。明確ではありません。

制作費用や管理費用が安いからいい、高いからダメ、ということではなく、目的にあわせたホームページにする必要があります。

ホームページから新規顧客をしっかりと獲得したいのであれば、毎月しっかりしたデータを取りながらアクセス解析によるSEO対策(キーワード対策)が絶対に必要です。

(※内部SEO対策を強調する業者さんがありますが、内部SEO対策というのは順位があがる対策ではありません)

会社の信用のために最低限あるだけでいい、という場合は、せめて独自ドメインは取得するのかしないのか、修正作業の頻度は?といったあたりの検討が必要です。

HP制作における正解とは?

5万円でホームページを制作できる会社もあれば、20万円、100万円とかかるホームページ制作会社さんもあります。

ランニングコストも0円でOKという広告もあれば、数万円/月々かかる広告も見かけます。何が正しくて、どうすればいいのか混乱しかねませんが、すべては「ホームページを持つ目的はなんなのか?」につながります。

一つのわかりやすい視点としましては
SEO対策が必要か?

この視点から考えますとスッキリします。SEO対策を必要とする場合、いくら安くても「そこは削っちゃダメ」なポイントがあります。

※SEO対策とはgoogleやyahooで検索されたときに上位表示させるための対策です。ホームページを持っているだけで上位表示されるわけではありません。専門の対策が必要です。

 

SEO対策は「必要な業種」と「そうでない業種」があります。

御社の業種はSEO対策が必要なのか?不必要なのか?

 

現在web制作の現場で、ホームページ制作の元となる主流なプログラムは2つだけです。SEO対策に向いているHTML5と、SEO対策に向いていないCMS(ワードプレスなど)。

そもそもどちらのプログラムが、御社のご商売に向いているのか、「SEO対策の視点」からホームページ作りを考えてみてください。

 

1.SEO対策が不要ならCMSを

トップに大き目の画像があって、全体的にも画像が中心の構成です。ちょっとした動きなどもあって見た目が華やかです。

飲食店さんをはじめ、「キレイ・かわいい・楽しそう・美味しそう」こういったキーワードが当てはまるご商売の場合はこのCMS(ワードプレスなど)で制作することが向いています。

お客様が御社のお店をTwitterやインスタで紹介しようにも、御社の看板(ホームページ)がない場合、商品などの投稿だけで終わってしまいます。それは少しもったいないです。

飲食店様などは、基本的にSEO対策は必要ないので、少し見た目にこだわったサイト作りが必要となります。

ワードプレスというCMSプログラムで作成した当社デモサイトをご覧ください。

 

 

このようなCMS制作は、ランニングコストもほとんどかからない場合が多いです。ブログなどの投稿にも最適です。ただし最大のネックは「お客様管理であればSEO対策は難しい」です。

ワードプレスはSEO対策に強いのでは?←お客様管理だと正直いいますと弱いです。

SEO対策の「必要が無い」飲食店さんなどは、ホームページを作るとしましたらCMSプログラム一択といえそうです。

その他、会社の信用のためだけに最低限見栄えのいいホームページが欲しいなどの場合もCMSが向いているでしょう。

 


2.SEO対策が必要ならHTML5

HTML5プログラムというのは、従来から存在している記述方法の2017年における最新版といえます(スマホ対応)。

基本的には、文字(文章力)で訴求する必要があるご商売に向いています。もちろん画像が使えないわけではありません。

 

また、ほとんどの場合「業者さん管理」になるのでSEO対策に強いです。(SEO対策ができる業者さんなら)

※HTML5のサイト例は、いま読んでいただいているこのサイトなどが「HTML5+CSS」です。

 

このサイトはSEO対策を優先しているためデザインは捨てています。このページがかっこいいとは思っていません。デザインを優先するのなら、CMSのほうです。

当社サイトをCMSで作るとこうなります→http://kobe.nnoopp.com/

でもCMSで作るならSEO対策は無理と思ってください。CMSがSEO対策に強いということを言う人もいますが、それは知識がある場合です。

ほとんどの人は無理だと思って頂いた方が無難です。

 

低予算で最大限の効果を得たい場合、何を捨て、何を優先するのかを明確にすることが「賢い」方法です。

 

ファーストインスピレーションで
どちらのプログラムが「御社のご商売」に合っていると感じますでしょうか?

なんとなくご理解いただけたら嬉しいです。

少し長くなってしまいましたが、要点としまして、誰しも予算がある程度決まっていると思うのですが、「予算内でかっこよく作れたらOK」という考え方では、スタートを間違う可能性が非常に高いです。

低予算で売上げが上がるホームページを作りたい場合、かっこよく作るのではなく→何かを捨てる覚悟が必要です。

何を捨てたらいいのか?どこの部分だけは譲れないのか?その初めの一歩が「2つしかないプログラム」のどちらで作るのか選択することから始まります。


御社の「ご商売にあったプログラム」

 

たった2つしかないので、どちらにするか間違わないように注意してください。わかりにくい業種の方もおられます。お気軽にご相談ください。予算とやりたいことを教えて頂ければ適切にアドバイスさせて頂きます。

 

注意

制作サイドがキチンと説明すればいいのですが、その会社が得意なプログラム、または儲かるプログラムを中心に販売しようとする業者が多い現状にも問題があると思います。

 

 

2つしかないプログラムの違いについて、もっと掘り下げて理解したい場合は下記のリンクをクリックしてみてください。できるだけ専門用語を使わずに書きました。

※ただし当社の「神戸向けのサイト」で書いているので「神戸向けのサイト」にジャンプします。ご了承ください。



だいたいわかったからプログラムについては、深く追求しなくていいって方は、どうぞ下記にお進みください

ここから下はすごく大切なことです。

あまり業者さんが書かない(触れない)部分を書かせて頂きました。お時間があるときにでもゆっくり読んでいただけたら嬉しいです。

 

どういう流れでお客様がホームページに来てくれるのか(売れるのか?)
集客方法について理解を深めてください。

ホームページはあるだけで売れるようなニュアンスで営業する制作会社もあります。作ってしまえば「あとは集客があろうがなかろうが関係ない」というスタイルの業者さんに多いです。

作っただけだけで売上があがるというのは、あまりにも「言い方が悪い」と思いますので書かせていただきました。

ホームページは作っただけでは絶対に見てもらえません。100万円で作ったとしてもです。ホームページにたどり着く動線を引いてあげる必要があります。

動線さえしっかり引いてあげれば3万円で作ったホームページでもガンガン見てもらうことは可能です。

ホームページを見てもらうための動線

「たった5つ」しかありません。

なんとなく高い費用をかければ見てもらえるかなと思うかもしれませんが、それは完全に認識が間違っていると言わざるを得ません。

 

まず御社の場合
下記5パターンの、どの方法でお客様がホームページに来てくれそうでしょうか?

そこまでをしっかり考えて

どういうサイトにするのかを検討する必要があります。

 

 

NOP合同会社 (旧:神戸ウェブカンパニー)

神戸市灘区の小さなウェブ制作会社
078-862-9945

個人商店様・個人事業主様・店舗・小規模な企業様・小さいお店経営をされているような方・を専門に「売り上げがあがる」ホームページ制作を心掛けています。(SEO対策重視)

初回無料アドバイスを行っています。無料相談の対応エリアは

神戸市・大阪市・吹田市・豊中市・堺市・尼崎市・西宮/芦屋市・明石市・加古川市・姫路市

11都市は無料アドバイスの対応エリアです。

お気軽にご相談ください。

 

 

ホームページ制作

せっかく作ったホームページ。
たった 「5つの方法」でしか、サイトに来てくれません。

ホームページを見てもらう方法。
大きく分けると、実はたった5つしかありません。

ホームページを作ったあとに後述する「5つの対策」の、どれかの対策をしない限り問い合わせがくることはありません。


たとえば

当社であればSEO対策です。

 

「ホームページ制作 大阪 格安」などと検索されたと思います。そのときにクリックされやすい位置に、当社のタイトルが表示されていたのでクリックして頂いたということになります。

実は

その位置に表示されるように

いろいろ対策を しています。(そのいろいろ対策することをSEO対策といいます)

 

ただし御社のご商売が、必ずしもSEO対策が必要とは限りません。あくまで「5つの対策のうち」の一つの手段として→「当社はSEO対策をしている」というだけです。

SEO対策も含めたホームページを見てもらうための「5つの手段」を確認ください。

 

 

5つの集客方法

1.リスティング広告

作ったホームページをリスティング広告に出す。googleやyahooで「何か」を検索したときに、画面上部やサイドに表示される広告のことです。検索キーワードに合わせて自由に任意で設定可能です。

リスティング見本

上に表示されるほど、掲載料金が高いです。入札制なので何社の広告が表示されるのかは流動的となります。1社の場合もありますし、数社の場合もあります。

1クリックされるごとの課金制

狙いたいキーワードによりクリック単価はちがいます。1ヶ月フルに掲載しますと、業種にもよりますが100万円単位かとおもいます。もちろん1日だけ、1万円だけ広告を出すなどの設定もご自由ですがあまり意味がないかと思います。

例えば、当社もリスティング広告を出しています。

このサイトはリスティング広告をクリックして、来てくださいましたか?であれば、少し表現が悪くて恐縮ではございますが「当社のリスティング広告が成功した」ということです。

当社がホームページを持っているから「見てもらえた」わけではなく、リスティング広告をしていたから見てもらえたということです。

★予算がある人向き。
★10万円かけて20万円取りに行くイメージ。
★業種問わず、ほぼ誰でも出店は可能。
★ホームページの制作自体は、CMS,html5プログラムどちらで制作されていても掲載可能。

 

 

 

2.SEO対策

作ったホームページに対しSEO対策を行う。リスティング広告の掲載会社が2~3社あり、その下3~4番目ぐらいから「広告」という文字がなくなった会社が続きます。これがSEO対策をしている会社です。

有料広告とSEO対策の境目を知らない方もいらっしゃるかとは思います。

リスティング見本2

SEO対策は広告とは違うので広告料金は一切発生しません。

しかしSEO対策を個人で行うのは少し無理があります。「内部SEO対策をして、記事をどんどんかけばいい」という人がありますが、それは少し甘いと言わざるを得ません。

それだけのこと(記事を書くだけ)で上位表示できるのであれば、あの人もこの人も上位表示されてしまうという理屈になります。ホームページを「売りたいだけの」営業の人がよく使うことばです。記事を増やすことは間違いではないのですが、簡単にいいすぎです。

 

SEO対策は、検索者の欲求(検索ワード)にダイレクトにアプローチすることになりますから、非常に効果が高い対策です。当社におまかせください。

★広告ではないので広告料金が必要ない
★お金をかけるというよりSEO対策を定期的に行う必要がある。
★SEO対策がいわゆる王道の対策です。みんなが目指しているところ。
★画像も大切だが、ある程度文章で読ませる必要があるサイト向き。
★ホームページはhtml5プログラムで作成したサイト向き

 

 

 

3.有料サイトなどに登録する

※作ったホームページをショッピングモールや一括見積もりサイトなどの有料サイトに登録する。

Amazon、楽天、yahooなどが展開しているネット上のデパート"ショッピングモール"です。小物や雑貨など幅広くカテゴリ分けがされているのが特徴です。出展料が極端に安いモールもあるにはありますが、極端に安いモールは、みんながそのモール自体の存在を知らないので売上げは期待できません。

または業種によりますが一括見積もりサイトなど。引越し業者さんであれば引越し一括見積もりサイトに登録する。ペットショップさんであれば地域のペットショップ一括検索などのサイトに登録するということです(当然ですがほとんどが有料です)

ショッピングモールにおけるトップは知名度・実績ともに楽天です。

かなり高額な出店料とランニングコストがかかります。初期費用何十万・月額何万の世界です。また売れる職種・売れない職種があるのでご注意ください。

★予算がある人。
★10万円かけて20万円取りに行くイメージ。
★業種問わず、ほぼ誰でも出店は可能。
★小物や雑貨など販売回転率が高い商品向け。
★ホームページの制作自体は、CMS,html5プログラムどちらで制作されていても掲載可能。

 

 

4.SNSによる拡散

作ったホームページをSNSで紹介する。TwitterやFaceBookなどのソーシャルメディアネットワークのことです。不特定多数の人とつながることにたけているSNSは集客にはかかせないツールです。

基本的には「店舗型」のご商売が圧倒的に有利です。まず来店ありきのお話となります。

たまたま入店したドーナツ店➡美味しい!➡御社のサイトをTwitter投稿➡多くの人が見る➡投稿されたホームページ見て新規の来店が増える

しかしもともと活用していたのであればいいのですが、ホームページ開設と同時に始めるとなりますと、かなり時間を要する覚悟が必要です。

★予算は必要なし。
★つながりが大切。
★飲食店や雑貨店向き。
★店舗型のご商売が有利
★キレイ・かわいい・おいしそう・そういったキーワードでつながるイメージ。

★ホームページはCMSプログラムで作成したサイト向き

 

 

5.ダイレクトにURLを入力してもらう

作ったホームページの「URL」をなんらかの形で宣伝する。ホームページを取得することで、「http://www......」というネット上の住所が手に入ります(URL)。それは「唯一無二のもの」なのでお客様専用となります。重複は絶対にないからです。

なんらかの事情で、その長い住所(URL)を知っている人なら、手入力で「h,t,t,p,.......」という感じで入力してもらえる可能性があります。

URLを名刺に印刷する。URLをチラシに印刷する。URLを雑誌に掲載する。URLを知ってもらうための努力(費用)は、当然ですが必要になるかと思います。

もちろん取引先に対する最低限の信用が必要で、名刺に記載あるURLを取引先の人だけが見てくれたらいいという考えたも有りです。OKです。

その考え方はまったく間違いではありません。目的がはっきりしているからです。取引先の方であれば、名刺に印刷されているURLを入力してくれても不思議ではないため。

★会社の信用のために最低限のホームページを持ちたいということは、現代社会において当然の欲求かと思います。
★ホームページの制作自体は、CMS,html5プログラムどちらで制作されていてもOK。
★ただし直接的な新規の顧客獲得はほぼ無理です。誰もその住所をわからないため。入力のしようがありません。
★チラシにアドレスを書いて、毎回配ればアクセスあると思いますが、本末転倒のお話となってしまいます。ついでならいいですが。


 

 

 

 

いかがだったでしょうか?

ホームページがあるだけで
「なんとなく売り上げがあがるかな?」

恐縮ですが

これは少し楽観的すぎると思います。

 

2つしかないプログラムをどちらにするか?

そして5つしかない対策のうち、どの動線をホームページに引いてあげるのか?

これが明確な人だけの一人勝ちの時代です。

 

この「2つと5つ」が
大筋で見えていれば、制作会社さん選びがすごく楽です。

業種によっては決めにくい業種があることも事実です。お気軽にご相談ください。当社で契約したいという気持ちは抜きでアドバイスさせていただきます。

 

 


ホームページ紹介

トップに戻る

「小規模な会社様」に支持される6つの理由