【整体院集客の強い味方!整体院検索サーチ】

大阪のホームページ制作

整体院のホームページ制作。2022年 集客の新常識。

※2022年4月更新 #整体院 #ホームぺージ #ホームぺージ制作 #集客

整体院のホームページ集客

整体院のホームページ。集客はそうやっちゃダメ。

仮にですが、

自分の利益しか考えていない「極悪太郎 整体院」があったとします(笑)

 

でも「極悪太郎 整体院」はウェブ知識が豊富で、最高のSEO対策をホームページに施したとします。このホームぺージですが、SEO対策で上位表示できると思いますか?

 

SEO対策も集客方法の一つなので、この問題について考えてみたいと思います。

ぜひ集客アップの参考にされてください。

整体院さんの「集客できる」良いホームページとは?


 

整体院のホームページ集客1

集客できる「整体院」と出来ない整体院の違い。

良いホームページってなに?

極悪太郎 整体院ですが、結論から申しますとSEO対策で上位表示することは出来ません。

この最大のGoogleロジックを理解していない整体院さんが多いようです。極悪太郎 整体院とまでは言いませんが、良いホームぺージじゃないのにSEO対策しても無理です。ポイントになってくるのは良いホームページとは?良いホームページになっているか?です。

 

良い整体院のポイント

SEO対策は「良いホームページ」という前提があれば恩恵を受けることができます。

 

良いホームぺージってなに?

Googleの言う良い商売/良いホームページには定義がありまして、整体院さんが考える良い商売とは少し違うと思います。※お客様に喜ばれる良い施術を提供している=良いホームぺージではありません。

 

近江商人の有名な言葉「三方良し(さんぽうよし)」をご存じでしょうか? 関西で知らない人はいないと思いますが、関西以外では、もしかすると馴染みが薄いかもしれません。

 

・会社(自分や家族・社員も含め)

・お客様

・地域社会

 

三方良しとは、この3つともに「いいね!」される商売でなければ成功しないという近江商人の有名な経営哲学です。

 

Googleのいう良いホームぺージの「真髄」はこの三方良しです。

近江商人はすでにSEO対策を理解していたのかもしれません(笑)

 

では具体的にどうするのか?

 

SEO対策に重要な地域貢献とは?

三方良しを具体的に説明しますので「集客できる」良いホームページにしましょう。

 

1.しっかり利益を上げ「自分・社員・家族」が潤い、

2.患者さんからも施術を「称賛」される商売は素晴らしいと思います。

そこに加えて、3.「地域社会」に貢献することで初めて「良い商売」と言えますよ、という経営哲学です。

 

(必ず三拍子が揃う必要があるということ)

 

最近ですとSDGs(エスディジーズ)が三方良しの典型例です。個人的にSDGsは嫌いです。国の押し売り感が否めないからです。しかしわかりやすく例えるとSDGsです。

 

*SDGsの補足
日本を含めた世界数十か国で取り組んでいる17個の持続可能目標(地域貢献)目標です。

整体院のホームページは地域社会に貢献しよう

平たく言いますと、
カネカネ言わないで企業なら地域社会に貢献しろ。何していいかわからないだろ?17種類の目標を用意してやったから「どれかやれ」って国が言ってます(笑)

国に言われたくはないですよね(笑) 自発的にやれる!

SDGsは押し売り感がすごいので、これに取り組みたいわけではございません。
(海とか山とかエネルギーとか貧困とか目標も壮大すぎるので)

ただ「地域社会に貢献すること」は時代の流れであることに議論の余地はないでしょう。

 

手前みそで恐縮ですが、説明がわかりやすくなればと思い、当社の例を参考ください。
当社では、

不定期ですが「ホームページを自分で作ってみよう無料相談会」を行っています。自分でホームぺージを作りたい人向けの無料相談会です。

 

商売とは切り離して考えています。
ワードプレス・Jimdo・Wix・STUDIO、Webnodeなどを使ったホームぺージ作成無料アドバイス。

 

もちろん、どこかで商売につながったらいいなという想いはありますが、それはそれなので、無料相談会では一切のセールス活動は行いません。会場を借りてやることもありますので基本的に赤字です。参加者の方々にメールやDMでセールスすることも一切ございません。

 

感謝されますし、私たちも楽しいし、これはこれでいいと思っています。地域社会への貢献という部分になります。他意はないという感じです。でも、実はこの相談会のおかげでアクセス数がすごく上がり、当社のホームページ検索順位が相対的にかなり上がっています。

 

整体院さんのホームページ集客。

良いホームぺージとはそういった地域社会への貢献をしっかりホームページ上でアピールしているサイトのことです。

自社の商品が良いですよ、安いですよ、技術が高いですよ、割引き中ですよ、たくさんの喜びの声をもらっていますよ、ということではありません。

 

整体院さんと集客についてお話をすることがよくありますが、いわゆる目先のSEO対策(キーワード対策)に躍起になりすぎてしまい、良いホームページとは言える状態でないにも関わらず(ごめんなさい)、キーワードがどうこう~という話になりがちです。

 

自社の都合で検索順位を上げたいだけ(自分勝手)のダメなホームぺージ(またごめんなさい)の検索順位が上がると、Google検索ってカスみたいなサイトしか上位表示されないな!と利用者さんから不満がでます。

 

そういった風潮になることをGoogleは一番恐れています。もうなりかけていますが笑。

 

整体院さんのSEO対策の極意は、地域貢献として何に取り組んでいるのか?にかかっています。

 

何をやっていますか?

いったんSEO対策のことを忘れて、その部分について熟考されてみてください。

 

集客できるホームぺージ/SEO対策に強いホームぺージにするためには、まずそういった「良い商売」をしていて「良いホームぺージ」であることが前提です。からの技術的なSEO対策がどうこうという話になります。

 

今日の売上、明日のメシ代のために、SEO対策に躍起になることは致し方ない部分もありますが、Googleは「三方良しを理解していないホームぺージ」の検索順位を下げようとしている、と解釈していただければわかり良いかと思います。

 

最終的にはホームページなんかなくても。

最終的にはネットなんて無くても、ホームページなんて無くても、広告なんて出さなくたって、地元で「やっていけるだけの」立派な地盤があればいいわけです。

 

本質的にはホームページが欲しいわけじゃなく、集客アップ出来る方法を探されているのだとおもいます。

 

地盤づくりのため取り組んでいる「地域貢献」があり、ホームページはそれを成就させるために利用しているだけだよ、といえるなら「素晴らしい商売」をしていると言えそうです。

 

自己都合しか考えていない「極悪太郎 整体院」と、貴店との違いについて一度深く堀り下げてみてください。どこが違いますでしょうか?

 

最終的にホームページとかデジタルツールなんて捨ててやりましょう!←(また言ってる笑)

余計にややこしくなったら申し訳ないですが、
漁師さんに例えるなら、
今日明日を食っていくために日々の「漁」に出ることは大切ですが、それとは別に、並行して立派なイケス作りにも取り組みましょう!といった感じです。微妙ですか ↘

 

ホームページ集客・SEO対策の極意は「三方良し」を意識してみてください!

 

長々とすいませんでした。

 

とはいいましても、「日々の漁」も大切ですから、以下では少し目先の問題にも触れたいと思います。三方良しの話はここで終わりとさせていただきます。具体的な日々の漁!エサはゴカイがいい?エビがいい?的なお話です。

整体院のホームページ集客2

整体院さんのホームページ集客:初回料金の設定ミス

少し具体的に目先の話にも追求してみたいと思います。

 

初回料金のほうが高いのはおかしい

整体院さんのホームページではあまり見かけないですが、整骨院さん、鍼灸院さんなどに散見されるのは、初回のほうが通常料金より高いという問題。

 

サービス業におきまして、初回の方が高いというのはやっぱり...変だとは思います。(自費メニューでもそうしている人が見受けられる)

 

初回は時間が余分に必要であったり、なにかとあるのは理解できますが、そういうことを含めての初回割引きサービスではないでしょうか?

 

集客できているなら問題ありませんが、集客でお困りであれば見直すべきだとは思います。初回も二回目以降も同じ金額、または初回のほうが少し安いことが必要だと思います。

整体院さんも初見料金の「割引き」「言い方」には注意

初見料2000円→ 割引きキャンペーン?

初見料ですが、「いままで頂いておりましたが、少しでも初回の方にご利用頂きやすいように廃止しました」っていう感じなら違和感ゼロですよね。おーなるほどいいね!って感じです。

 

でも、

キャンペーン!期間限定の割引き!2名様限定? 極端な値引き!初回はお試し!

 

などの言い方はかなり強く違和感を感じます。

言い方だけの問題だと思いますが、そういった言葉はあまりよくないと思います。

 

初めての整体院に来て下さったのだから、初回のみ「初回限定価格」で対応させて頂きます、というだけの話だと思います。そこの言い方に力を入れないほうが良いと思います。マッサージ店、リラク店なら問題ありあませんが。

 

整体師さんは医者じゃないとはいいましても、身体を触るお仕事、不調を整えますよと言っているわけなので、言葉悪くて恐縮ですがキャンペーンやお試しやクーポンという言葉使うとヤブ医者っぽく聞こえてしまいます(;'∀')

 

ホームページの価格設定や言い回しはデリケートな問題です。

自由に決められるからこそ熟考した判断をしてください。

 

整体メニューが豊富すぎる問題

メニューにAコース、Bコース、Cコースがあってもいいと思うのですが、初回料金だけはABCともに統一するとか、初回だけは初回用Dコースしかないなど、工夫が必要だと思います。

 

患者さんは自分がどのメニューに該当するかわからないと、そこで思考が停止してしまって、貴店のホームページを閉じて違うホームページも見てみようという気分になります。

 

なので、A、B、Cコ-スはそれぞれ経費やコストや費やす時間が若干違うのだと思いますが、初回なのでそこで細かいことを言っても...というのはあると思います。

 

損して得取れともいいますが、どちらが損をしているか天秤にかける必要があると思います。 あくまで「初回」のお話です。

整体師さんの学校やコンサル?でそういう指導があるのでしょうか?なぜかキャンペーンやお試しって言葉を好んで使う人が多いようです。すごくマズイ言葉だと思います。 

ちょっと違う方向に行っちゃってる方がおられるのでお気軽にご相談ください。

整体院のホームページ集客3

整体院ホームページはランディングページ風にしないほうが

整体院さんのホームページはランディングページ風にしないほうが集客できると思います。2022年現在。これから新規で立ち上げる、リニューアルしたいという場合、ランディングページは除外の方向で検討されてみてください。

 

深い意味ではなく流行りのバイオリズムのようなものです。 トレンドじゃないだけです。

ランディングページがなかったころはよかったかもしれませんが、いまはランディングページだらけです。

 

お金をかけて、よほど読みやすい感じに仕上げるのであれば別かもしれませんが、ランディングページ風(もどき)ですと、極端に集客が悪くなると思います。オーソドックスに見やすいホームぺージを。

 

ランディングページには致命的な問題があります。

もう一点付け加えますと、
ランディングページ風にしたい整体院さんが共通して間違えていることは「辛い症状でお困りの方」をターゲットにしてしまっています。

ランディングページに問題あるというより、その考え方にも問題があると言えそうです。

辛い症状でお困りの方」は昔に比べて確実に減っています。

 

整体院、鍼灸院、整骨院、リラク、ストレッチ専門店、パーソナルトレーニングジム、治療院、ヨガ、ピラティスなどなど。そういった「健康」をキーワードにした業種が増えすぎて、「辛い症状でお困りの方」は相対的に大きく減っていると考えたほうが自然です。(本当にかなり減っていると思ってください)

 

集客できない整体院さんのホームページ
(典型的なパターン)

こんな症状でお困りの方~から始まり、

お客様の口コミがたくさんあり、

根本治療/改善します!と強くアピールし、

他院でダメだった方は当店へ、

キャンペーンで通常〇〇円が今なら~~です。

この流れは「スタート」から間違っています。

2022年現在、こういった流れと真逆のホームページを作りたい感じです。

一度思考をリセットして、辛い症状で困っている人などいない、そんな人はゼロだと仮定してみてください。

 

マーケティングの世界ではターゲティングを疑ってみると表現しますが、それは王道の思考回路です。

もちろん整体院さんだけがターゲティングを見直す必要があるわけではありません。

たとえばウェブ屋さん。
格安8万円(仮)でホームぺージを作成します!他社より高ければご相談ください!

このウェブ屋さんのターゲティングは「安ければ売れるだろう」という仮説です。思い込みとも言えます。

 

それで集客がうまくいっているならいいですが、集客できないならその「仮説」を疑う必要があります。

キャッチコピーを変えようという思考回路ですと、仮説を疑っていないので、また似たようなキャッチコピーになってしまいます。

 

キャッチコピーを変えるのでありません。そもそものターゲティングを疑ってください。

 

商売の基本。仮説を疑う必要性。

上記例のウェブ屋さんなら、「もしかして格安制作に需要はないのかな?」「HPは自分で作れる時代だしな」「安ければ売れるという仮説を見直してみるか」、そういった感じで仮説を見直してからのキャッチコピー修正です。

 

キャッチコピーの質が大きく変わるはずです。

 

考えてみていただきたいのは、「辛い症状でお困りの方がたくさんいる」という仮説が正しいなら、本来もっと集客が楽なはずです。

 

仮説を間違えていませんか?

仮説が間違っているなら砂漠の真ん中で叫んでいるようなものです。

売れない整体院のホームページ

 

去年まではそれでよかっただけなのかもしれません。

もっと集客しようとして、逆にどんどん砂漠の真ん中に進む方がおられるので注意してください。

 

また、リスティング広告用に、わざわざホームぺージと別にランディングページを作る必要はないです。もしリスティングするなら、今ある既存サイトをご活用ください。

リスティング広告をするなら、既存ホームぺージでリスティングしたほうが賢明です。ちょっと長くなるので割愛しますが、リスティング広告はやり方を間違わなければSEO対策に有利に働きます。せっかくリスティング広告を出すのに、わざわざ別のランディングページを作るのはもったいないです。

 

ホームぺージメニューに使う言葉に細心の注意を。

整体施術メニューではなくて、ホームぺージ自体のメニュー(画面の上部に並んでいる)です。

 

解釈に幅がある表現は使わないほうが賢明です。

 

・施術案内

・施設案内

・初めての方へ

 

こういった表現は、解釈に幅があり利用者側は非常にわかりにくいです。

 

「初めての方へ」の中に料金表があっても変じゃないですし、施術案内の中で「施術とセットで」料金案内があっても変ではないと思います。

 

例えばですが料金案内を探していて、初めての方へをクリックする人もいれば、施術案内や施設案内をクリックする方もいるということです。二回間違えるとサイトを離れてしまうというデータもあります。

 

料金表
施術方法(何分間の施術なのか)
店舗アクセス
施術者(スタッフ)紹介
施術時間
休日・時間
問い合わせ

このようなわかりやすい言い方を心がけましょう。

 

付け加えるとしますと、施術時間は書いたほうがいいです。時間制の料金じゃないというのはわかりますが、利用者様も次の予定があります。目安は表示したほうがいいです。

 

あとポキポキしないとか、ソフトにとか、痛くないという表現はやめたほうがいいです。身体を触られるわけなので、具体的にどうされるのか書くべきだと思います。

 

また、痛くても治ればいいわけなので、ここに大きな矛盾が生じています。

 

整体院ホームページ集客:SEO対策の補足

■あえてSEO対策に関して言及しますと下記は代表的なNGです。

  • ダイナミックなデザインに
    1. 整体院さんのホームページをダイナミックなデザインにする必要はないです。読込速度の低下に繋がりますし集客にはむしろ邪魔だと思います。
  • ランディングページ風に
    1. ある程度の文章量は必要だと思いますが、傾向として1ページに対して書くことが多すぎる整体院さんが多いです。様々な弊害を引き起こしている元凶なのでやめましょう。
  • 直帰率は何%でしょうか?
    1. とりあえず40%切りを目指したいです。
  • 興味ある内容を書けているか?
    1. お客様の声にかなりのスペースを割いている整体院さんがありますが、そのせいですごく読みにくいホームぺージになっている整体院さんが目立ちます。もっと情報を見やすくまとめましょう。
整体院のホームページ集客4

整体院ホームページにお客様の声・口コミは不要

 

ホットペッパーさんやエキテンさんの中では、情報スペースが少ないので、口コミは貴重かもしれません。また外部サイトからの"評価" という側面からもホットペッパーさんやエキテンさんの口コミは効果があると思います。でも自店のホームページ内で、これでもかというほど書く必要はないと思います。

 

口コミよりも、整体の勉強会に参加している様子のブログや写真であったり、勉強不足であったことなどへの言及・次の高みを目指し前を向いている姿が伝わるようなブログなどがいいですね。

 

「お客様の声は必要だ」という思い込みはやめましょう。(外部サイトが勝手に書いている分にはもちろんOK、むしろあったほうがいいでしょう)ここで言いたいことはホームページ内にまで、口コミは不要ということです。

 

「他院でダメだった人は」当院へ

この言葉も非常に気になります。

飽きられてるセリフといいますか、どこでも言っちゃってますよね。どちらかと言えば「他院をけなしている」セリフにあたると思いますので、もう少しこう、なんていうのでしょうか、、他院さんを立てるといいますか、横のつながりを感じるような言葉のほうがいいと思います。

 

横のつながりというのは、たとえばその症状ならあの先生を紹介しようとか、そう言った普段からの付き合いをホームページ上で見せるという感じです。

 

今日のお客様は症状がひどく、私の師でもある〇〇整体院さんに紹介状を書きました。みたいなブログあるほうが信頼できます。

 

誰でも「できないことがある」ことは自然なことですし、投げ出さない姿勢が高評価です。返金保証とか言ってる場合じゃないと思います。そういえばランディングページってよく返金保証を口にしていますね (笑)

 

整体院のホームページ集客5

整体院ホームページ:ファーストビューは重要

整体院さんのホームページでファーストビューという考え方は非常に重要です。

 

ファーストビューは利用者さんから見て「最初に開いた画面」のことです。パソコン・スマホ問わずスクロールしないで最初に表示される画面。

 

10人中7~8人は、ファーストビューで欲しい情報がないと離脱するというデータもあります。

 

コンビニのより多い整体院さん。

整体院がたくさんあることは利用者さんも知っています。ゆっくりしっかり見てもらえていると思わないほうが賢明です。

 

✔サイトが重くてなかなか開かない

✔ファーストビューに欲しい情報がない

✔いくらなの?

✔何分の施術なの?

✔具体的に何をしてくれるの?

✔結局どこから申し込んだら一番安いの?

 

こういったことがサッと見やすく表示されているでしょうか?

利用者さんは、欲しい情報がファーストビュー近辺で見つからないと、どんどん違う整体院さんのホームページを見にいくので注意してください。

 

ファーストビューで何か目を引くもの、または有益な情報などを整理しわかりやすく伝える必要があります。

 

情報を詰め込みすぎても読みにくいので簡潔にまとめる能力も必要です!SEO対策にも直結してくるので意識されてみてください!

 

最後にまとめです↓

整体院のホームページ集客6

整体院ホームページ制作のまとめ

整体業界はかなり厳しいレッドオーシャン状態です。

冒頭で書きましたが、やはり必要となってくるのは三方良しの考え方です。

 

日々、漁に出ないといけないリズムから脱却し、併せてイケス作り(地域地盤)を構築しましょう!

整体院・整骨院・鍼灸院・治療院様へ

整体院、整骨院さんに一番お伝えしたいこと。

いわゆる「あはき法」についてです。

法律を守って欲しい、などという公明正大なことを申し上げるつもりはまったくございません。

 

しかし、なんとか「あはき法」をかいくぐろうとするホームぺージは明らかに時代錯誤です。

 

法律違反、グレーだからダメですということでなく、「売れないから」ダメですよということを強くお伝えしたいです。

 

本来、治療院さんの存在意義は「辛い症状を治す」ことでなく未病へのアプローチのはずです。

その原点回帰した思考こそ、まさに現代に合っていると言えます。

 

中途半端に「あはき法」をかいぐろうとする姿勢が、いちばん集客の邪魔をしています。

辛い症状でお困りの方へ。治します。根本治療。✖

より健康に。より美しく。〇

 

そういったキーワードに活路を見つけようとしている治療院様のお手伝いができればと思っています(そちらが正解です)

 

コロナ禍もあり、大きく時代は変わろうとしています。

昔はよかった!

それを言っても始まりませんので、ぜひ一緒に「時代の変化」を乗り越えましょう。挑戦にこそ勝機ありです!

当社は真剣に「低料金で整体院さんの集客できるホームページ」を作ってあげたいと考えています。そのために当社としましても、譲れない部分があることをご理解頂ければ嬉しい限りです。

 

整体院、整骨院様のホームページについて、深く言及できる数少ないホームぺージ制作会社だと思っています。お気軽にご相談ください。

 

NOP合同会社

メールは24時間、お電話は土日祝除く9時-18時です!
078-862-9945・メールはこちらクリック

 

 【整体院集客の強い味方!整体院検索サーチ】

大阪のホームページ制作

 

当社で対応できないケース

※すべての整体院・整骨院・治療院・鍼灸院・マッサージ店様に対応できるわけではありませんのでご了承ください。

 

慢性的な症状への保険適応

整骨院さんへのお話となりますが、保険+自費施術のミックスメニューで考えている方はダメです。完全にセパレートしているならOKです。

なんとか治せるって言いたい

あまりにも「治す/治せる」っていうことに拘りすぎている整体院さんは難しいです。未病へのアプローチ・より健康へといったコンセプトが必要です。「辛い症状でお困りの人」自体が減っていることはご存じでしょうか?

本当に専門院?

肩こり専門・腰痛専門...などの〇〇専門院。 本当に専門院であればいいのですが、整合性が取れなくなってしまう治療院があります。

トップページを長くしたい方

ランディングページ風、トップページを長くしたい方。時代に合っていないので集客できるホームぺージは厳しいです。

電話番号を目立たい

電話番号のスクロール固定や、大き目の表示を望まれる方。マッサージ店さんであればやるべきなのですが、整骨院さんや整体院さんだとダメなんです。このことの理解が必要です。

複数店舗の経営

複数店舗がある場合は対応できません。オーナー様が自ら施術し患者さんと向き合っている。当社はそういった整体院さんを応援しているHP制作会社です。

 

注目ピックアップ記事!

レッドオーシャン市場で「溺れないで!」
マーケティング基本の「き」

Googleの進化「目視されていると思って」
SEO対策【2022年最新版】

業界内にいると気が付かない!?
その集客方法はダメ「整体院さん編」

なぜデメリットを話さない!?
デメリットを話すと売れるマジック


整骨・整体院トップに戻る

「小規模な会社様」に支持される6つの理由