ホームページの更新が行われていない?

更新や修正が行われているはずのホームページが、更新されていない・修正されていないという方へ。

ブラウザ側のキャッシュという機能が働いてしまって、古いデータを見ている可能性が高いです。

ブラウザのキャッシュクリアという作業が必要です。

ブラウザとは?キャッシュクリアとは?

意識していない方も多いですが、ホームページはブラウザというソフト(アプリ)から見ます。逆にいいますとブラウザが無いとホームページは見れません。

ブラウザの種類はたくさんあるのですが、最初から特定のブラウザがインストールされていることが多いので、自覚がない方もおられますが、どのブラウザを使うかはあくまで使用者の自由です。

ブラウザとは?

・Safari
・GoogleChrome
・IE(もうすぐ終了)
・FireFox
・edge(IEの後継者)

などが代表的なブラウザと呼ばれるモノで、ホームページを閲覧するためのソフト(アプリ)のことです。

シェアでいいますと、
☑safaiとGoogleChromeが突出して多い
☑FireFoxは玄人向け
☑IEは昔人気でしたが今は使っている人はほとんどいないです。IEのシェアは10%ぐらいしかありません。
☑edge(エッジ)はIEの後継者ですがほとんど誰も使っていないです

※参考ですが、
インターネットエクスプローラー(IE)はサービス終了が決定しているブラウザです。

開発も行われておらず不具合も多いので、まだインターネットエクスプローラーを使用中の方がおられましたら、この機会に変更されることをおすすめします。

GoogleChromeのダウンロードはこちら

iPhone以外の人は、スマホでもパソコンでも、GoogleChrome(グーグルクローム)のシェアが圧倒的に高いです。

iPhoneはsafariですね。


ブラウザはホームページを表示させるための入れ物です。
Yahooとブラウザをごっちゃ?に思っている人がいるので少しだけ補足します。

Yahooは「Yahooという会社」の、いわゆるただのホームページです。

どのブラウザを使うか?
ということと、Yahooは何の関係もありません。

ブラウザは開いたときに「好きなホームページ」が立ち上がるように、ご自身で設定することができます。(Yahooに設定したことを忘れているだけの人が多い)

もちろんGoogleChromeでもFireFoxでも、開いたときに「Yahooが立ち上がるように」設定できます。

御社のホームページを最初に開くように設定することもできます。

 

このブラウザにはキャッシュという機能があります。

ホームページを素早く表示させるための機能です。

一度でもアクセスしたことがあるサイトはブラウザがデータを一時記憶します。表示に時間がかかるとみんなイライラするので素早く表示するためのお助け機能ですね。

作りかけのホームページに何度もアクセスしている方は、ブラウザのキャッシュクリア作業を実施してください↓

キャッシュクリア作業の方法

パソコン
確認したいページをまず開く。

その状態で、キーボードのCtrl+F5ボタンを同時にポンと押す
Ctrlボタン→キーボードの左下
F5ボタン→キーボードの最上部(Fと5じゃないです。F5ボタンです)

何も変わらなければそれが最新です。

iPhone(safariなら)
設定→Safari→履歴とwebサイトデータを消去

アンドロイド系
設定→アプリの情報(もしくはただアプリ)→使っているブラウザをタッチ→キャッシュを削除

アンドロイド系で上記でダメだった場合
設定→ストレージ→キャッシュデータ→削除OK こちらはスマホ本体のキャッシュクリア作業です。

チェックポイント!

キャッシュクリア作業は、今回ホームページを作ることになったから、必要になった作業ではありません。普段から必要な作業です。

社長様・ご担当者様は「更新や修正」していることを知っているので、更新されている・されていないという判断がつきます。←ここ大切です。

でも例えばよく見るYahooのサイト。

最新のページ(情報)を見ていると思いこんでいないでしょうか?

自動キャッシュクリア機能があるブラウザもありますので一概には言えないですが、Yahooのスタッフが更新したか、していないかは知るよしもありません

知らないから見ているモノが最新と勘違いしていることが多いです。

キャッシュは貯まりすぎますと不具合起こすことも多いので、この機会に習慣にできればいいのではないかなと思います。

 

※これより以下はキャッシュクリア作業を日常?に取り入れたい場合
スマホで日常的にキャッシュクリア作業をする方法は上記している通りです。

↓以下パソコンの場合

Googleクロームの場合

右上の設定をクリック(3つの点・のボタンです)→履歴→閲覧履歴データを消去する→消去したいものにチェックを入れる(cookieとキャッシュには最低限チェック入れてください)

 

IEの場合

ツール→インターネットオプション→全般タブ→閲覧の履歴→削除→消去したいものにチェックを入れる(インターネット一時ファイル、クッキー、ウェブデータには最低限チェックを入れてください)


safariの場合

左上safariタブ→キャッシュを空にするだけです。古い機種の場合はMacCleanというアプリをダウンロードする必要があります(macユーザーさんは詳しいのでご存知かと思いますが一応)

 

firefoxの場合

画面右上のメニュー(三本線)→オプション→詳細→ネットワーク→キャッシュされたウェブページの今すぐ消去

 

備考

  1. 一度でもというのがポイント

      キャッシュとはあくまで「一度でもアクセスしたことがあるURL」に対して、一時記憶させようとする機能です。

      まったく新規のユーザーが御社のホームページにアクセスしてきた場合は、一度もアクセスしたことがないわけですから、キャッシュという概念はありません。

      常に最新ホームページが閲覧できます。ご安心ください。

  2. パスワードなども消える

      ログインIDやパスワード入力が必要なサイトで、入力しなくても自動入力でログインできるサイトなどありませんでしょうか?

      パスワードなどを記憶させている機能もパソコンの機能でなくブラウザの機能です。 キャッシュクリアしますと自動入力消えるのでご注意ください。

      ブラウザによっては、パスワードなどは記憶から消さないなど設定ができるものもあります。

  3. 一定条件下に置いて自動クリアされる

      キャッシュには貯まりすぎると自動で古いモノから消えていく機能もあります。このあたりはブラウザによります。

      またブラウザを閉じたときに、毎回強制でキャッシュクリアを行うように設定できるブラウザもあります。

 

キャッシュクリアについてのトップに戻る

「小規模な会社様」に支持される6つの理由