独自ドメインメール設定について

【ビジネスシーンでフリーメールは嫌われる傾向があります
GmailやYahooメール、icloudメールなどを利用されている方が多い時代です。

便利なのですが、これらのメールはフリーメールと呼ばれ、ビジネスシーンでは嫌われる傾向にあります。

もともとが身元不明で作成できたので(今は違うのですが)、使い捨てのように使えるメールという意味で捨てメールとも呼ばれています。

フリーメールをビジネスシーンで使いますと、身分を明かしたくない、もしくはあなたを信用していませんよっていう意味で受け取る人が一定数いらっしゃいます。

ホームページ作成でドメインを取得したことに並行しまして、独自ドメインメールを作成することができます。

【携帯キャリアメールを利用されている方へ】
docomo.ne.jpやezweb.ne.jpなどの携帯キャリアメールは、かなり特殊なメールです。通信プロトコルという技術的な部分が根本的に違いまして、ビジネスシーンでは問題があることが多いです。

プライベートで利用するものと割り切り、ビジネスシーンでは独自ドメインメールの取得をお勧めします。

【独自ドメインメールは通知という機能がありません】
LINEや携帯キャリアメールの発展で、連絡が来たら通知(音が鳴る)されることに現代の人は馴れていますが、独自ドメインメールは通知設定ができません。

メールが来ているかどうかの確認は、メールソフト(アプリ)を開く必要があります。アプリを開いた時点で送受信が行われ、通知確認します。

メール本来の意味は、電話で連絡するほど急な用事ではない。だから時間があるときに見てくださいねっていう意味なので通知機能はありません。

うまく利用することで世知辛い?世の中から抜け出しましょう(笑)

【独自ドメインメール設定についての概要】

独自ドメインメール設定方法ですが、概要だけ理解いただければさほど難しくありません。まず下記の概要を確認ください。

★自宅のパソコン・事務所のパソコン・スマホなど複数の端末に設定可能です。

★パソコンやスマホ本体に設定するのではなく、メールソフト(アプリ)に対して設定を行う(メールソフトの管理画面より、アカウント追加というところを見つけるのが最初の作業になると思います

★つまりパソコンやスマホを持っていても、メールを送受信するためのソフト(アプリ)が入っていないと設定できません。

★docomo.co.jpやezweb.ne.jpなど携帯キャリアメールを送受信しているアプリはメールソフトではありません。厳密に言えばメールソフトなのですが、キャリアメール専用の特殊なアプリなので利用できません。ご注意ください。

※ただしauのiPhoneだけは少し特殊で、通常はiPhoneの場合メッセージというアプリでezwebメールを利用します。ところがメールというアプリでezwebメールを利用している方が一定数いらっしゃいます。

メッセージアプリを利用している方は、そのアプリに独自ドメインメール設定はできません。ezwebメールを「メール」アプリで利用している方は、その「メール」アプリに独自ドメインメール設定は可能です。

★設定に利用するパスワードやサーバー名などは別途メールでお送りします。

【設定に必要な情報】
※別途メールでお知らせします

●新規メールアドレス

●受信・送信メールサーバー名

●パスワード

●受信ポート番号・送信ポート番号

※設定に必要な情報は上記ですべてです。別途メールで送らせて頂きます。ただしiPhoneやwindowsメールへの設定の場合はポート番号の設定などは必要ありません。

※「なんというメールソフトに対して」設定するのかで入力項目は違ってきます。

★注意点
1)
メールソフトを開いて、「アカウントを追加」という画面を探すのが最初の作業となりますが、その位置がわかりにくいです(メールソフトによりますが、基本的にすべてわかりにくいです)

2)
「メールアドレスを入力」と求めてくるアプリもあれば、「アカウント名の入力」と求めてくるアプリもあります。どちらもメールアドレスのことです。 (呼び方が統一されていない)

3)
「受信サーバー名を入力」と求めてくるアプリもあれば、「POPサーバー名を入力」と求めてくるアプリもあります。どちらも受信サーバー名のことです。(呼び方が統一されていない)

4)
「送信サーバー名を入力」と求めてくるアプリもあれば、「SMTPサーバー名の入力」と求めてくるアプリもあります。どちらも送信サーバー名のことです。(呼び方が統一されていない)

 

設定したい入力項目の呼び方が統一されていません。

とにかく入力したい項目については、メールで送っているモノがすべてです。それをうまく当てはめていくことになります。 たぶんこれを聞かれているだろう!という予測で入力しなければいけないアプリもありますのでご了承ください。

 

具体的な設定方法は下記を参考ください。


 

メールソフト(アプリ)へ設定する前に確認

複数台に設定可能
メールソフトさえ入っていれば、自宅のパソコン、事務所のパソコン、スマホ(合計3台)に設定することも可能です。

iphoneやMacパソコンの場合
iphoneやMacパソコンのメール設定できるアプリは「メール」というアプリです。

アンドロイド系スマホの場合
機種に依存されるのでこちらですべて把握はできません。入ってなさそうであればGoogleplayストアよりメールと検索してみてください。いっぱい出てくると思います。

ただ多くのアンドロイドはGmailがインストールされていることが多いので、Gmailアプリを使っても設定可能ですがグーグルアカウントが必要なのでご用意お願いします。

ただしGmailの場合は「パソコンからしか設定作業ができません」のでご注意ください。(スマホで送受信したいだけの場合でもパソコンから設定が必要です)

Officeが使える場合
officeソフト がインストールされていればOutlook2013,2016のメールソフトというものが利用可能です。ただし絶対ではないので確認が必要です。

 

Windows8.1以前のOSの場合
Windows LiveメールやOutlook Expressなどのメールソフトを利用されている人がいらっしゃるかと思いますがサポートが終了しているメールソフトです。現状使っていたとしてもウィルスの発信元になる可能性がありますのでお勧めしません。

Windows10なら
Windows10にアップグレードすることでWindowsメールソフト(アプリ)が標準装備になっております。OSをアップグレードされるか、無料の有名なメールソフトなどをインストールされることをお勧めします。

メールソフトが入っていないパソコンやスマホもあります
メールソフト(アプリ)がもともとインストールされていない中古パソコンやスマホもあります。端末(パソコンやスマホのこと)にメールソフトが入っているのか確認ください。

無料のメールソフトを探している方へ(PC版)
パソコンの場合は、FireFoxブラウザで有名なMozella社が提供しているThunderbird、Operaブラウザで有名なOpera社のOperaMailなどがフリーソフトメーラーとしてはシェアが高く有名です。

 

 

 

 

webメールとPOPメールの違い

最近ですと
GmailやYahooメールを利用されている方が多いかと思います。それらはウェブメールとよばれています。

今回設定したいメールは「独自ドメインのPOPメール設定」というものです。

 

GmailやYahooメールは、端末にメールを受信しているわけではなく、ネット環境がある状態でサーバ上にあるメール情報をのぞきにいっている、ということになります。

なので端末自体には何も情報が残りませんし、ネット環境がなければ過去メールも閲覧できません。

対してPOPメールは端末に受信します。
なのでネット環境がなくても過去メールなどの閲覧が可能です。端末自体に受信(保存)されているので。

お仕事の場合はPOPメールのほうが便利なことが多いです。

 

 

 

Outlook2016の場合

Outlookはバージョンによって設定方法が異なります。
すごく面倒なのですがOutlookはコロコロ設定方法が変わります。

私達もすべてを把握しておりません。申し訳ありません。

ただし
どのバージョンにしましても、やりたいことはメールで送りました「設定に必要な情報」を、「アカウントの追加」というところから入力したいだけです。

※同じOutlook2016でもアカウントの追加のときに「Outlook2016へようこそ」と表示されるMSO版があります。(通常と設定方法が異なる)

アカウントの追加をクリックしたときに「Outlookへようこそ」とか、「Outlook2016へようこそ」という表示が出てくる場合は、こちらをクリック ください。

 

これ以降は

「ようこそ」画面がポップアップされない場合の流れです↓

画面左上のファイルをクリック



アカウントの追加をクリック







入力に必要な情報は別途メールしますので、スペルミスやチェックの有無に注意して、すべて入力できたら詳細設定をタップ。一番上の名前はメール宛先(相手)に表示される名前です。日本語OKです。チェックを入れる入れないも注意して下記画面通りにお願いします。


名前(Y) ➡任意(相手に表示される名前になります)

電子メールアドレス(E) ➡メールアドレス

アカウントの種類(A)➡ POP3

受信メールサーバー➡「受信メールサーバー」の値を入力してください。

例)sv***.xserver.jp

送信メールサーバー(SMTP)➡「送信メールサーバー」の値を入力してください。

アカウント名(U) ➡メールアドレス

パスワード(P) ➡記載パスワードを記入ください。

メールサーバーがセキュリティで保護されたパスワード認証(SPA)に対応している場合には、チェック ボックスをオンにしてください➡チェック【なし】 でお願いします。別項目でチェックします。

 


送信サーバーのタブをクリック



詳細設定のタブをクリック

ポート番号やチェックの有無など下記画面通りにお願いします。



上記の「使用する暗号化接続の種類」をSSLにすると設定ができない環境の場合があります。その場合はポート番号やチェックの位置に注意して下記画面通りに設定してみてください。






完了にならない場合はどこかのチェック漏れか記述ミスがある可能性が高いです。

もしくはないと思いますが
当社からお伝えしましたパスワードが間違っている可能性です。記述ミスがなさそうであれば、大変お手数ではございますが当社までご連絡ください。申し訳ございません。

 

また完了にならなかった場合
最初に戻ってもう一度チェックの有無や記述ミスに注意してやり直せばいいだけですが、その場合アカウントの追加ではなく、作りかけのアカウントができていると思うのでそれをダブルクリックしてください。

やり直しの場合はアカウントの追加ではありません。

アカウントが追加されていないようであればもちろん追加でOKです。アカウントが追加されてしまったかどうかは、やり直したタイミングによります。

 

設定がうまくできない方へ

1) チェックの有り無しを見直してください。画面通りにお願いします。

2) スペル間違いや.(ドット)の有り無しを見直してください。

 

 

 

Windows10 メールアプリの場合

トップ画面、左下の検索ボックスに「メール」と入力し、一番上に出てきたメールアプリを選択。下記のサンプルのメールマークの色はオレンジのような茶色のような色ですが、これは個人設定です。色は関係ないのでこの画面と同じマークのアプリをクリック



画面下部に出てきたメールマークを右クリックでタスクバーにピン止めするを選択









別途メールでお送りしています設定情報をご入力ください。



この画面がでれば完了です


 

※備考
一番最初の画面が少し違う場合があります。その場合もアカウントの追加という項目を探すだけです。


 

設定がうまくできない方へ

1) チェックの有り無しを見直してください。画面通りにお願いします。

2) スペル間違いや.(ドット)の有り無しを見直してください。

 

 

 

 

 

iPhoneの場合

下記の順番にタップしていってください。入力に必要な情報は別途メールします。

【設定】

【メール】※注意

【アカウント】

【アカウントを追加】

【その他】

【メールアカウントを追加】

※iosのバージョンによっては設定からメールではなく、設定から「アカウントとパスワード」です。設定の中に「アカウントとパスワード」という項目があるならそちらクリックしてください。古いiosバージョンだと設定から「メール」です。



【それぞれ入力】
-【名前】
(相手に表示されます。ビジネスシーンでしか使わないなら社名でOKですが、そうでないなら少し考える必要があるかと思います。日本語OK)


-【メールアドレス】
決めたメールアドレスです


-【パスワード】
お送りしているパスワードです


-【説明】
(自分のiPhoneに表示される表示方法です。わかりやすくお好きに日本語OK)

次へ

上部のPOPを必ず選択
(IMAPが選択されていると思います(IMAPが青く反転していませんか?)POPを選択しPOPを青く反転させてください)

【受信サーバー情報を入力】
ホスト名(受信サーバー名です)
ユーザー名(メールアドレスです)

【送信サーバー情報を入力】
ホスト名(送信サーバー名です)
ユーザ名(メールアドレスです)
パスワードを入力(オプションと書いている場合がありますが必須です)

保存を押してしばらくその画面でお待ちください。(検証中)※ネット環境によっては数分かかる場合あります。

10分20分も画面が変わらない・エラーなどの場合は入力間違いの可能性が高いです。3~4分ぐらいはあり得ます。

検証中画面が終わり注意やエラーがでなければそれで完了しています。もう一つメールアドレスなどをお持ちであれば自由にテストメールしてみてください。

 

ただし必ず下記の設定作業を追加で行ってください。

もう一度、トップより

設定→メール(もしくはアカウントとパスワード)→今作ったアカウントをタップ→詳細

この詳細画面の中で、サーバから削除7日に設定してください。7日でiPhoneからメールが消えるわけではありません。サーバ上のお話です。7日にしてください。必須なのでよろしくお願いします。(すでに7日になっていればそれでOKです)

※注意1

エラーなどでうまく設定できない場合、一度今作ったアカウントを削除してください。

もう一度トップより設定→メール(もしくはアカウントとパスワード)→アカウント→今作ったアカウントをタップしますと、画面下部に削除ボタンがあります。

★参考(送信メールに署名をつけたい場合)
設定→メール→署名です。

署名とはメールを送るときに毎回毎回、会社名などを入力するのは面倒なので、定型文を事前挿入できますよって意味です。

 

 

 

 

 

アンドロイドやOutlook以外について

アンドロイドスマホで独自ドメインメールを利用されたい方はGmailアプリが一番便利です。Gmailアプリに独自ドメインメールを設定できます。ただしパソコンからしか設定作業ができませんのでパソコンでもGmailを利用されていることが大前提となります。

パソコンは利用しておらず、アンドロイド端末だけで独自ドメインメールを利用したい場合はGmailアプリ以外のメールアプリを利用することになります。

山ほどアプリがありますが、一例として「TypeApp」というアプリをご紹介します。

Googleplayストアより「TypeApp」というアプリをダウンロードしてください。その設定画面でメールアドレスとパスワードを入力するだけの簡単設定が可能です。パスワードは別途、ご連絡いたします。

 

TypeApp設定画面








 

 

また、その他のメールアプリにつきましても基本的には同じです。機種やメールソフトにより管理画面が違うだけです。メールソフト(アプリ)を開き「アカウントの追加」という入口を探してください。

一般的に入力したい内容は

  • POPアカウント(受信サーバ)
  • SMTPアカウント(送信サーバ)
  • ユーザーアカウント(メールアドレス)
  • 受信ポート番号
  • 送信ポート番号
  • パスワードなどです。(アプリにより異なります)

上記の情報は当社にお問い合わせください。

サンダーバードでもOperaMailでも、インストール後にそのメールソフトを開いて「アカウントを追加する」というところを探して、上記した内容を設定画面で入力するだけです。

 

アカウント追加画面がわからない場合「使いたいメールソフト名+メール設定」と、ネット検索してみてください。いろんな方が設定方法を公開されています。わからない場合はもちろんお気軽にご相談ください。

 

アンドロイドはGoogleが開発しているオープンソースプログラムです。ギャラクシーでもエクスペリアでも基本はGoogleの開発プログラムです。

 

なのでGmailというアプリが入っている場合が多いようですが、Gmailアプリを使用したい場合はグーグルアカウントが必要になりますので、事前にグーグルアカウントの設定をお願いします。

 

 

メール設定についてのトップに戻る

「小規模な会社様」に支持される6つの理由